2017_07
17
(Mon)14:53

P10を2週間ぐらい使ってみて思ったこと




普段使いなら、あたいはnovaで十分だった。


novaのコスパの高さに乾杯~♪




スポンサーサイト
2017_07
04
(Tue)22:01

P10開封してみた~♪

こんばんわ。

6/30に手元にやってきた新品P10でございます。
検証やらスマホカメラ仕様のお勉強やらのために、うちに来てくれました。

で、とりあえず恒例の・・・開封タイムなのですが。
もうすでにたくさんいろんなブログやサイトに開封の儀の記事がありますので、付属品から見ていきます。

①開封前
この外側のビニールはずすのにすごい苦労しましたw
どうやって開封するんだ・・・

②まさかの観音開き!novaとも違う梱包コンセプト。
観音開き~♪

③端末を取り出すと薄型の箱が入ってます。入っているものがちっさくマークで書いてあるのがポイント♪
端末を取り出すと・・・

④付属品で充電すると、ものすごく短時間で充電できます。
更に下

⑤端末の下にあった薄型の箱の中身
薄型の箱の中身

⑥クリアケースもついてくる!
付属のクリアケース

⑦外側のシートだけ外しましょう
生まれたてのP10

外側の図とか説明書いてるシートだけはずすと、今回このP10はnovaと違ってフィルムも最初から貼ってあります。
実はこれ以外とよくて・・・
またラウンドエッジ加工が故にフィルムで悩むくらいなら、これ大事に貼っとくのをお勧めです。

このフィルムを剥がしやすいように、下の写真のように赤いシールみたいのがくっついてます。
これだけをうまく剥がせば、もともと貼ってる保護フィルム悪くないな‥と思い未だに貼っておりますw
赤いのだけ剥がす

さて、上のぼっけぼけの写真で分かるかと思いますが、この端末は上部にイヤホン穴がありません。
novaは上だったので、あれれーって思って下側を見るとありました!
イヤホンはこちら♪

で、ちなみに付属のクリアケースを装着してみました。
悪くないんです、薄いし軽いし・・・
でも・・・でもね。
ちょっと開放的すぎるというか・・・
防水じゃないことを考えると不安になっちゃいますよね^^;
上部大開放  ボタン部分大開放  ジャック部分大開放


ってーことで、またいろいろクリアケースを試し買いしてみました。
その結果、コンパクト感はなくなってしまうけどこれ一番しっくり来ています。
http://amzn.asia/fL0du0F
端末のカラーに合わせて、黒っぽいクリアカラーとかもあるようです。
novaで使っているS字ラインのP10版が出ないか待ち望んでいるのですが、現状はこれで満足です。

まあ普通の頑丈な透明ケースなんですが、おススメポイントがあります。
・下部のUSBジャックとイヤホンジャックに蓋がついている
・ストラップホールあり
・背面がハードタイプ、サイドが厚みのあるTPU素材。
蓋つきがポイント♪  左にストラップホール
※わかりやすいように蓋ずらしてますが、指で押すとでっぱりなくはまります。

んで最後にいつもの、毎度おなじみの・・・
P10版エセおサイフケータイ仕様

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ガラスケースもお試しで数点買ってあるんですが、もともと貼ってあるやつが何気によいので、未開封のまんまですw

さて、novaとどのくらいサイズが違うのかってのを比較しようと並べてみました♪
横幅はほぼほぼ一緒なんですよね。
ただ、縦が長い。
で、P10の方が額縁が狭い分やっぱりディスプレイサイズは大きいなと感じます。
※左がnova、右がP10です♪
novaのピンクがやっぱいいなぁ  novaのサイズがやっぱいいなぁ

対novaの比較って誰かの役に立つんだろうか・・・w
では本日はここまでっ!
台風や大雨に十分ご注意くださいね~




2017_06
30
(Fri)23:23

HUAWEI P10 ストレージおよびメモリおみくじ!

こんばんわ。

うちにP10がやってきたのは本日朝。
期間限定かもしれない検証用ってことで、色は選べず・・・><
自分的にはブラックかダズリングブルーがよかったのですが、人気がないのかよくわかりませんがプレステージゴールドになりました。

まず今回は開封の儀どころじゃないストレージ規格とメモリのおみくじ結果のみです♪
そもそもこのおみくじ問題とは・・・
あちこち書いてるサイトがありますが、ここが一番見やすかった。

Huawei、「P10」で性能の違うメモリが混在している疑惑について釈明

まとめると、P10には3種のストレージ規格の部品が混在していますよ。
それだけじゃなく、メモリも2種類の部品が混在してますよ。
ってことです。

ストレージ規格の方は、eMMC、UFS2.0、UFS2.1の3種類。
eMMCからUFSに主流は変わってきており、違いは読み込み速度だそうです。
メモリはDDR3とDDR4が混在している様子。
この違いは4の方が3に比べ処理速度2倍ほど速いとのことで・・・
結局その2つの個体の組み合わせで、同じP10でもものすごい当たりはずれが出てきちゃいますよね。
一番のはずれ、おみくじでいう凶がeMMCとDDR3の組み合わせで、大吉がUFS2.1とDDR4の組み合わせってことになります。
でもこれの個体差って体感できるほど違うのかな。

だとすれば大問題になるよね・・・
決してお安い値段ではないものなので、はずれひいたらへこみますよね。
んでメーカー側はというと一応ざっくりと次のような釈明をしているらしい。

ま、混在したのは間違いない。
部品の供給がさ、UFSだけじゃ足りなくってさ・・・
んでもどの部品の個体にあたっても、ファーウェイとしての品質基準満たしてっから問題ないと判断してるわけ。
交換?んなものする予定はございません!(キッパリ

日本版には大はずれはないなんて噂が聞こえてきていますが、ソースがない、根拠もない・・・
確かに色々なサイトや掲示板なんか見て回っても、凶ひいたー!って人の証言は見つけられないです。

ってことでー!私もやってみました。

まずはストレージ規格です。
Androbenchっていうアプリを利用して速度を計測します。
Androbenchの測定結果
これ
UFS 2.1だと600以上の数値が出て、
UFS 2.0だと400~600程度、
eMMC 5.1だと200台ってのが目安らしいのですが2~3回測って700台だったので大当たり確信していたら・・・w

Android Terminal Emulatorというアプリで実際のストレージの部品名が判明しUFS 2.0だったことが判明^^;
UFS2.0・・・
サムソンの「KLUCG4J1EB-B0B1」ってやつですね、 同じUFS2.0でも当たりの部類らしいです。

最後にAIDA64っていうアプリを使って、RAMを調べます。
DDR4だった^-^
真ん中あたりのRAMの項目でDDR4だとわかり一安心。

ってことでおみくじの結果ははずれではありませんでした。
UFS2.1ではないので大吉ではありませんが、数値的には大吉みたいな感じでしたんで一安心です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。