--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_05
10
(Wed)21:21

函館一人旅~情報をくれた方たちありがとう~

行ってまいりました、函館!
杜の都から新幹線でおよそ3時間。
GW最終日の、多くの社会人の方々が憂鬱になっていたその日に元気に出発して堪能してきました。

基本的に旅日記なんてものは、自分以外の人が読んでもそれほど面白くないと思うんですが…
今日は居酒屋情報ばかりでなく、地元のスポットや私の訪れたいルートなんかの相談にも乗っていただいた数人の方にお礼を兼ねて一部だけご報告です♪


まず、最初に情報をくださったb********n様、ありがとうございました!
2日目の夜にお邪魔してきましたよ♪
活イカ刺も絶品でしたが、シマホッケ刺最高でしたー!
で、情報通りに大将がイケメンでしたw
呼び込みのおにーさんにも呼び込んで頂けましたし・・・w
粉ものに関してはのれん分けのチェーン店とのことで一切頂きませんしたが、情報通り別メニューが最高!
この旅で一番美味しい刺身に出会えました、本当にありがとうございました<(_ _)>

次にm*****a様。
きっと優しい女性の方なんだろうなーと思わせていただいた数々の優しいお言葉に感謝です。
ご案内頂いたお寿司屋さんですが、初日お休み、2日目の2件目にお伺いしたところ満席状態でした><
雰囲気がとってもよさそうなお店でしたので、次の機会にまた伺いたいです。
次回は五稜郭界隈を攻めてみたいので、その時はリベンジしたいです^^

そして、某******ん様
お店の方からお誘い頂けるとは予想だにしていなかったのですが、もうほんとに最高でした。
また必ずお邪魔したいです、本当にいい意味で意表を突かれた感じでしたねー。
もう忘れられない最高の味と最高の笑顔をありがとうございました。
本当に気持ちよく酔っぱらいましたw
でも、地元のお客様多いってのがやっぱりすべてを物語ってると思いました。
雰囲気、お味、そして最後に頂いたサービスのあら汁で素晴らしい〆となりました。
大将のおにーさまの日本酒談義がとっても楽しかった♪

最後にh********o様
今回素敵なルートをご案内頂き、行きたい場所、手を合わせたい場所、すべて行き尽くすことができました。
本当に感謝感謝です。
あんなにご相談に乗っていただいたので、別途ご報告メールをさせていただきますね。

心から皆様に感謝です。
素敵な充実した最高の一人旅になりました♪

前に書いたかもなんですが、私は一人旅にこだわっています。
誰にも邪魔されず、気をつかわず、自分だけの興味と気分で、自分の好きなものを頂き、自分のためだけに時間を使う。
日常を忘れに行くわけですからね^-^

今回の旅の目的・・・海を眺める旅、旧幕府軍に思いを馳せる旅、うめー肴を味わう旅。

これだけを考えていました。
2日間は暴風でヒーヒー言ってましたが、これも函館らしさ。
それでも天気はすこぶるよくて、目的達成!
また1人で行きたい街です。

ただねぇ・・・
今や函館も中国韓国からの観光客でいっぱいのようでした。
人口が今後減っていく日本の内需だけじゃもう観光地も先細りなんでしょうから、いやだとかダメだとか言う権利はございませんが、でもやっぱり好きじゃないわ・・・
まあそのなんだ、うるさいし割り込むし乱暴だし人の足踏んだりぶつかったりがさつだし、ホテルの朝食なんてもう食いだめしてんのかってほど食べるし、マナー悪いしヽ(`Д´)ノ
五稜郭タワーで土方さんに思いを馳せていても、常に耳に響き渡る不快な中国語。
函館山で夜景を見ながら感傷に浸っていると、ずけずけと人の前に割り込んでこようとする不快な特アの人たち。


うまく市電を使って、どこに拠点を置く(宿泊)と行きたいところにアクセスしやすいかとか考えて旅程を練ると、函館は本当に満喫
できる旅行先だと思います。
あと思うのが、一人旅してる人率高いなーって感じがします。
なので、1人で飲食店に入ることも受け入れられやすいです。
それと街全体が観光地としてはよく整備されてるなーって印象。
ベンチがすごく多いんですよね。
これって結構大事なポイントで、市電や徒歩中心で街歩きをすると休むスペースがどこそこあるってのは重要だと思うんです。
おかげ様で、あちこちのベンチに腰を下ろしてぼーっとする時間をとることができました。

一人旅検討中のそこのあなた!
会津と同じくらいお勧めですよ~♪

ってなわけで、景色やら夜景やらそんな写真は自分の思い出にするとして。
今回の旅のお気に入りだけ・・・・

①坂で育む夫婦愛
今回函館の全坂制覇するぞーなんて思って気合いで登り、次の坂を下るっていう街歩きをしました。
それぞれの坂にそれぞれの風景があって、とってもよかったのですが・・・
弥生坂で出会った老夫婦。
一歩一歩踏みしめるようにゆっくり寄り添って坂を上っています。
坂の街ならではの美しい光景でした。
思わずこの後「こんにちわ~」って声をかけてお話をしちゃいました^-^
①坂で育む夫婦愛


②せんせー、あなたのおかげで今やスマホでこんな写真が撮れる時代になりました。
この人がいなかったら、今こんな美しい風景や出来事を写真で残すことなんてできなかったかもしれないわけですよ!
で、このせんせーに静かに今の時代のご報告をしてきました。
今の時代を見せたい


③この旅で出会った一番美味しい刺身
冨紗家(大門店)さんで頂いたシマホッケ刺!
ここのレギュラーじゃないメニューだけで、普通にお店成立しますよねってくらいの素敵な海鮮メニュー。
嘘偽りなしの新鮮なお肴を堪能できたと思いますが、特に私が絶品だと思ったのがこちら!
うちとこでは焼きしか食べることができないので、またいつか食べに行きたいです。
このお店、BGMがサザンOnlyでした。
さよならベイビーが流れてきた時にはこみ上げてくる思い出が・・・
あ、美味しい日本酒で流しこみましたw
シマホッケ刺


④土方さん・・・
土方さんの最期の地といわれているところは、こことはまた別のところにあります。
この碑は一番西側の坂、魚見坂のスタート地点あたりにあります。
市電の函館どつく前下車すぐぐらい。
京都で誕生した新選組は、その数を減らし、たくさんの血を流し、傷つき、それでもこの地まで来て戦った人もいた。
そこまでして彼らを新選組であり続けさせたものっていったい・・・
北の地で散った義の男たち


⑤ぼかし必須の初体験
会社の人に義理でお土産を買うぐらいなら、自分のためにお金を使うんだ!
そういう気持ちで挑戦した人生初の人力車乗車体験♪
初めは恥ずかしさが勝ってたけど、慣れるとなかなか気持ちいいもんです。
あれですかね、採用基準は体力と顔ですかねぇ、俳優さん顔負けのイケメンお兄さんに引っ張っていただきましたよw
見る方の精神衛生上の問題がございますので、モザイクかけさせていただきました(*ノωノ)
モザイク!


それと函館山で外国の方と闘いながら撮影した夜景画像は、いい出来でしたのでnovaの待ち受け画面にしちゃいました^-^

帰りの新幹線の中で、ふと思ったこと。
旅行前から数か月モヤモヤしてたこと・・・

嫌なことを嫌といえる人間になろう。

ま、嫌だの嫌いだのって仕事では通用しない感情だけど、少なくても自分の中で無理をせずに嫌とはっきり言える心を持って生きていこうって決めたら、今回はモヤモヤしてた自分に栄養を与えてくれた素敵な旅だったなと思うことができそうです。




スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。