2016_03
18
(Fri)16:25

私とぴっち☆Part3…そしてMVNOをかじる

Part2までを振り返った時、なぜCの回線がありながらDの契約をしたのか・・・
ええ、ただ単純にCの存在忘れてただけなんですよね^^;
まあそれも踏まえて・・・今回は、今日のスタイルに至るまでのお話。


初代LIBERIO(D)とNexus5(B)の2台持ちを続けていた頃、MVNOの記事を目にしました。
「ほほーう、これにすると維持費がかなり安くなるな」
というのが所見で感じたこと。
そしてデータ通信のみの契約という形に惹かれました。
そもそも、Dの契約は通話用、Bの契約はスマホを利用するためのものっていうスタンスで生活していました。
でもBに関してはそもそも電話使わないわけだし、デフォで10分無料300回までのかけ放題がついているけど意味ないよな・・・
Dでスーパー誰定をつけてるんだもん。
Bをデータ通信のみの契約に変えれればいいのにな~
と考え始めるようになったわけです。

でもやっぱりMVNOってよくわからないし、通信が遅いとか言うし端末のラインナップのメーカーもよくわからないし…
という訳でしばらく悩んでおりました。
でも意外と怖いもの好きの私、nexus5の2年縛りの間に次の計画をあらかじめ考えておくのもいいと思い直し、とあるMVNOのデータ通信1GBプランに申し込みをしてみました。

というのも、ミドリムシをnexus5に変えてから自室にwifi環境を作りまして、モンストを2垢でやっていたんですね。
アップデートのたびに端末を初期化しないとモンストができなくなる状況にうんざりしておりまして、MVNOで端末もセットで購入して自宅でサブ垢機として運用してもいいかなという思いもありましたんですよ。
そこでまず、今の契約を見なおしてみるつもりでMy Ymobileを覗いてみたところCの契約に気がつく有様でしたw
維持費はかかっていないとはいえ、いらない契約です。Cを解約してきました。

そしてデビューしたのがこれ。

Zenfone5

おかんが持って行っているので箱しかございません。

一応ね、SIMフリー端末について色々勉強してその当時1番コスパが良いと言われていたZenfone5を買ってみました。
データ通信のみ1GBプラン(某D◯Mモバイル)
私が住んでいる地方都市では、ストレスが溜まるほど速度が遅くなることはありません。
ただ2台でモンストをしていると、たまにはじいた後Zenfon5だけ一瞬止まって遅れてモンスターが動き出すとかあります。
街中にある会社に持って行ってみると、行き帰りの電車で通信速度が体感的に遅いなーと思う状況はありますね。
でもね、維持費本当に安いんですよw
コスパ的には全く問題ないと感じます、個人的には。
ちなみにD社、私の勤務先の会社ではございません。
安さ重視です、はいw

これが2014年の12月頃の出来事です。
その時点で
(D)初代LIBERIO WILLCOM定額プランS+スーパー誰定 (契約更新月まで1年3ヶ月)
(B)Nexus5 スマホプランS (契約更新月まで1年)
(E)Zenfone5 D社格安SIM データ通信1GBプラン(縛りなし)
所持の状態でした。
基本的に家ではWifi環境下でスマホをいじりますので、1GBを超えることはほぼありません。

そして今年の3月。とうとう、LIBERIOの3年目。
契約更新月がやってきました。
ここまでの数ヶ月で私は3月からのプランを組み立てていました。
たとえ一時的に出費が増えても、これからの維持費と自分の使い方を比較してここのタイミングでいくしかないと決めていました。

今日現在
(D)DIGNOケータイ 502KC  スマホプランM+シェアプランのSIM3枚
(B)解約済
(E)継続中
という状況になりました。
ちなみに(E)はガラケーを愛し続ける私より元気な母(69)に持たせています。
毎日Lineの使い方、スマホの使い方をスパルタ教育中です^ー^

BのNexus5はSIMフリー機です。なので、そのままMVNOへの移行も考えました。
090番号も捨てがたい気持ちもありました。
また、違約金もかかるのであと1年弱待とうかとも考えたのですが今しかないと吹っ切り解約。
別の選択肢としてDをケータイプランSS+カケホの組み合わせでBの維持も考えました。
が、やはりこの選択肢よりも高い上に、こちらの選択肢だとデータ2倍が使えるなどなど、比較の上却下。
EはMVNOの勉強や他社サービスとの比較材料としても維持してく方針で、おかんに使わせていくことに。
MVNOの記事を初めて目にした時考えた方向性をやっと向いた気がします。
でも、最大の疑問。
なぜガラケーだけ残して、スマホをMVNOにしなかったのか。
これはまた次回に^ー^ノ


ここで私の長かったPHSライフもピリオドとなりました。
今回LIBERIOをDIGNOケータイに変えて、PHSではなくなったためです。

思えば震災の混乱の中、最初に叔父と連絡がついたのも最初に会社と連絡がついたのもPHSでした。
忘れません、WX334K P。
あの時周りがみんな携帯が繋がらない中、PHSも当然例外ではありませんでした。
でも、会社の人が言ってた言葉は今でも忘れられません。
「君以外そこの店舗のみんなと連絡がとれない」
壊滅した地域などではもはや携帯キャリアもPHSも一般回線も含めそれどころではなかったし、繋がらないのは同じだったと思います。
ただ、うちのような地区ではそういう状況もあったんですよね。
まあ、利用者少ないからだろ!言われればそれまでなんですけどね^^^^^^

ありがとう、PHS!
私の20代30代をずっと見守り続けてきたPHS。
恋人と愛を語ったのも、別れを告げたのも告げられたのもいつもPHSでした。
離れた地元で闘病生活を送る父と交わしたメールもpdxでした。
最初から使っていたAの番号もなくなり、今回Bも解約で番号がなくなり、AとBをミックスしたような070-5の番号が残りました。
これはずっとずっと大切にしていこうと思います。

SIMフリー端末のお話やシェアプランのお話、MVNOとの違いなど、素人おばちゃん目線で次回も語ります^^






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント