2016_08
30
(Tue)21:07

非日常を味わう旅

仲良しのうちゃんと、「温泉でもいこかー」と先月話し合い、2人で夏休み明けの8月29日と30日に休みの申請を出していました。
行先も色々吟味しましたが、山の中の秘境のような場所にあって、できれば硫黄泉質の温泉。
日常の仕事のストレスを忘れてゆっくりしてこようとそれはそれは楽しみにしておりました。

行先は福島県の高湯温泉。
喜多方でラーメンを食べ歩き、猪苗代湖や五色沼で自然に触れ、数ある山の有料道路でヒャッハーする。
夜は秘境のような温泉でゆっくり日本酒と露天風呂三昧。
帰りはいつぞや出会ったいわき市の美味しいお刺身を食べて帰宅。
正直今月はこの旅行のために頑張ってきたようなもんです。

ところが・・・
観測史上初の台風が東北地方に上陸するという歴史的な日とドンピシャ重なる不運;w;w;w;w;
『いったい私らが何したいうんですかーーーーーーーーーーーー!』
とあたり所のない怒りをぶつける相手もなく、この日のために新調したリゾート風のワンピースを見るのも切ない気分のまま、それでもうちゃんと私の二人旅は無理やりスタートしたのでした。
今回色々予定していましたが、台風の影響を懸念して予定の半分もこなせず帰宅となったのは残念すぎました><
神レベルのひきの強さをお互い讃えあう思い出の旅となりました。

今回書きたかったのは、山の中にひっそりとある秘湯環境で思い知った電波状況とスマホのお話。

まず初日の予定をこなし、18時半到着をめざし予約しておいた旅館へ向かううちゃんと私。
日が暮れ秘境の温泉を目指し山道に突入したとたん、霧と強風と大雨のお出迎え。
「白い着物の女のひと出ても気が付かないね、これ・・・w」
などと気をまぎらわすような事を言いながら、濃霧の峠道を登って行きます。
本当にこの先に温泉なんてあるのだろうか・・・と不安でいっぱいになる真っ暗な山道です(´;ω;`)
「イニシャルDの曲でもかけるか!w」
「いやだめ、アクセル踏み込んだら、柵突き破って死ぬから!w」
などと無理やり会話をしながらたどり着いた秘境っぽい場所にある温泉!

もうすでに到着までに立ち寄った各所で大雨に見舞われ、リゾート風のワンピースも絞れば水が滴るほどびしょ濡れ状態w

チェックイン時に、面白いキャラのおっちゃんさんに言われた衝撃の一言。
「この界隈は夜20時をすぎれば天然のサファリパーク状態ですので、外出禁止です。」
「今年、熊2回出てますんで」

("゚д゚)
("゚д゚)

2人とも固まる。

いよいよ、真夏の怪談の様相を呈してきました。
これで台風直撃で山降りれなくなって、旅館自体本当は現世には存在しないもので(ry
数日後、熊に襲われたっぽい私らが見つかる・・・

とかいろんなストーリーが頭をかけめぐるほどの秘境いや秘湯の情緒たっぷりの旅館でした。

そして明けて今日、喜多方を周って帰ると台風直撃で道路がどうなっているか不安だったため、チェックアウト後まっすぐ帰宅する英断を下し、楽しみにしていた癒しの旅は半分しか予定をこなせず泣く泣くの帰宅となってしまいました;w;

お宿自体は最高に素敵でした。
実際建物自体は古いですが部屋はリニューアルされたのでしょうか、小奇麗でしたし。
露天風呂の下には川が流れており、本来であればそのせせらぎに癒されながらゆっくりと露天風呂に浸かったら最高だったかと思います。
お食事もお酒も、気さくなおじさんスタッフも、余計なお世話でない絶妙な接客も、総じて満点。
そして環境的にも、壁を殴りたくなるほどストレスフルな毎日の仕事を忘れさせてくれる、非日常を味わえる素敵な素敵な旅館でした。
露天風呂に特攻した際には、横殴りの雨と暴風でもう情緒どころではありませんでしたが・・・w


便利な時代に生きる私たちは、携帯電話が出始めた頃の電波状況とかもはや考えることすらありません。
たいていの場所で電波は入り、圏外なんて文字は国内にいればそうそうお目にかかることはなくなりました。
思い起こせば、私が初めて手にしたたまぴっちですが、圏外ばっかりでせっかく育てたたまごっちを遊びに行かせることすら難儀してましたw
昨日の夜を過ごした、天然のサファリパーク状態の山の中の温泉で・・・
うちゃんのSBのiPhone、私のワイモバの502KC、シェアSIMのE5823はHまたは3G表示でたまにアンテナ1本、大部分の時間は圏外という状況でした。
ハイスピードのHですが、実際LOWスピードでもつながらず・・・
そんな中、DMM(docomo系MVNO)のSIMを挿したiPhoneだけ涼しい顔でLTE表示、しかもアンテナ感度最強。
これがすべて圏外だと、いよいよどうして先ほどの妄想の怪談が現実味を帯びるところでしたw
宿にはwifi環境もなく、かなり心細い状況です。

が、日常を忘れに出かけた私たちには逆に好都合です。
「会社からの電話もつながんねー、ざまーw」
などと酔っぱらって素で悪態をつく私たち・・・

そんな状況でほぼ通信もできず、電話もかかってこずなのに、なぜか電池がもりもり減っていき、日付が変わる前になんと電池切れとなったうちゃんのiPhone。
続いて私のE5823の電池も力尽きる・・・
唯一、1階フロント付近だけアンテナが3本たちましたので記念SS♪

H

この時点で63%あった充電が日付が変わってまもなく0%になったぐらい電池の消耗率が半端なかったです。

ま、今回の教訓。
山とかやっぱdocomo強かった・・・w
対応バンド云々以前に、山行くときはキャリアの電波状況はきちんと調べていく方が賢明です。
で、電池の減り考えて急速充電できるようにしときましょう。
非日常を味わいたい方は逆の意味で電波状況を調べて行きましょうw
あ、それと熊には爆竹とクマよけスプレーしか勝算はございません。
もし露天風呂で熊に出会ったら、もうあきらめるしかないです、たぶん。
一緒に湯治をお勧めして奇跡に賭けましょう!


今回の旅で会社の仲いい人へのお土産をどうするかうちゃんと話し合い、前回の福島日帰りで見つけた美味しい桃ジュースを1本ずつ買いましたw
あまりの本数にボーリングのように並べてみたくなり、そのためだけに車から持って降りたおばちゃんお勧め「福島 桃の恵み」です。
福島各所のSAで絶賛販売中ですよ~♪

桃の恵み17本だて


心霊写真の記事は続きをどーぞ!w




最後のオチ。
昨日、山道に入る際に白い着物の女のひとを茶化すようなこと言ってたんで、とうとう出たーーーーーーーーーー><;;;;
と背筋が一瞬だけ凍った写真がこちら
↓↓↓
白い着物を着た何か


朝、部屋の窓から映した旅館前の写真。
マジでこれびびりましたが、なんのこっちゃない窓に反射したiphoneでしたw
びびってうちゃんにLINEで送りつけようとしたのが恥ずかしい( *´艸`)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント