2016_03
23
(Wed)18:06

格安SIM、格安スマホのデメリット~あなたは本当に格安SIMで大丈夫?~

むかーしむかし、私がPHSというものを持ち始めた頃。
携帯キャリアは今より選択肢がありました。
思い出すと、docomo、IDO、ツーカーセルラー東海、東海デジタルホン、そしてPHSも2社。
(その頃名古屋住みでした)
いずれにしても携帯は通話料も含め高いものでしたが、端末が投げ売り状態でばらまかれてました。

時代は変わってキャリアは3社に。
PHSも停波だなんだ囁かれている時代です。
が、今や破竹の勢いでキャリア勢を猛追している存在、それがMVNOです。

うまく使えば安く維持できるのが格安SIMです。
携帯にこだわりがない人、とにかく月々キャリアに高額を持っていかれる事に不満を感じている人、むしろ携帯殆ど使わないけど持っている人、通話しない人、安くなる可能性がある人の方が多いと思いますね。

でもね、最近思うんです。
安いには安いなりの理由がある。
そこをちゃんと抑えた上で、自分なりにある程度の知識をつけ、キャリアの養分だった頃当たり前だったことも一度リセットする。
そんな気持ちで格安SIMにMNPしてくださるお客様がほとんどですが、中にはキャリアと同じサービスを求め、安さの側面だけを見て契約する人もいます。
そして後悔している人、コールセンターに電話して罵る人、ぼやく人、すぐにMNPでキャリアに戻る人・・・・

今日はおばちゃん世代のヘビーではないユーザーが格安SIMを検討する時考えるべき具体的な項目についてお話をしようと思います。
前回までに出た話がいくつも出てきます、ごめんなさい><

ここ数年キャリアのHPを見ても、結局自分が月々いくら支払うことになるのか全く不明瞭じゃないです?
考え方として、基本料も端末代も高いですよね。
だいたいスマホの維持の場合、7000円/月~という方が多いのではないでしょうか?


月額料金的なものでおばちゃん個人的な位置づけとしては
三大キャリア>>>>>>>>>ワイモバ>>>>MVNO
です。
ワイモバとMVNOの違いは前回お話ししたとおりです。
んでね、ざっくりなところでいうと、月に通話た~くさんする人は本当に要注意になってきます。
下手したらカケホつけてキャリアの方が安くおさまる人も出てきちゃうからです。

最近出てきたR社の5分かけ放題オプション
単純に、MVNOで通話の部分に手をつけることができたのはすごいことだと思う。
こうなると、5分以上じゃなく、定額かけ放題を!と言い出す人もいるんだろうけど、いずれやっちゃうのかもしれないけれど、そういう人は本当にキャリアのままでいればいいのにねって思うわけです。
この5分かけ放題って、楽天でんわ(どこのキャリアの人でも使える)アプリを通すみたいですね。
多分請求が月に2回になるんじゃないのかなーと思います。(楽天モバイル/楽天でんわ)
もともと楽天でんわって、30秒20円の通話料を30秒10円にできる通話割引アプリだったので、5分以降はその半額料金の適用みたいですね。
仮に1回の通話が1時間だったとすると、55分×20円=1100円
これを月5回やればもう5500円
+普通の基本料金や端末料金と考えると、全く安くないw
逆に言うと、通話ほぼしない、受け専でデータ通信がほとんどです!って人にとってMVNOの料金体系はもってこいなのかもしれません。
あと、ここのかけ放題はIP電話だから、インターネット通話ということで除外です。
①通話を何時間もする人、通話大好きな人、LINE通話とかじゃなくなんでも普通の電話使う人は要注意!


はい、で次のお話。
MVNO各社がセット端末として販売している電話って、各メーカーがSIMフリー端末として製造・販売しているものです。
なので、ヨドバシカメラとか行くと買えちゃいます。
あくまでMVNO各社はSIMとセットで販売してる販売業者なわけなんですね。
端末は精密機械です。
ごくまれに、ハズレと言われる端末にあたってしまう人もいるかと思います。
自分は今まで、一度だけはずれ機械にあたったことがあります。
DEL◯のモニターですw
もうどうあがいても不良品、いわゆるはずれでした、返品交換とかやっかいでしたー><
キャリアで契約して、端末に不具合があった時、壊れた時、調子が悪い時、ショップに駆け込めば万事OKですよね?
修理の依頼、代替機の手配、相談、そして端末の保障関係のオプションもあります。
MVNOってそれは全くありません。
自分でメーカーに電話しろ!(もっと優しいお言葉ですが)言われて終了です。
当然修理の依頼や見積もりも直接メーカーとやり取りになります。
そして代替機を提供しないメーカーが多いと聞いたことがあります。
端末メーカーも人民共和国や台湾の会社もあるため、「上司に代われ!」って言った人のお話として、日本語が怪しい上司さんが電話口に出てきて、「やっぱさっきの人に代われ!」ってすぐにあきらめた体験談を聞きましたw
そう、端末に関してはサポートほぼなしと考えていいと思います。
ただ最近、オプションに加入すると、いざってときに安値で同等品と交換してくれるというサービス提供している会社もありますね。
送られてきた端末が壊れている!みたいなお話でも、「メーカーへ!」って言われる覚悟を持って契約することが必要です。
基本的に、ミドルスペックのあまり高価じゃない端末を2年もってくださいよー><とお祈りして使うぐらいが丁度いい気がします。
②端末の当たりハズレは時の運!ハズレひいたら自分でなんとかしなくちゃいけません。メーカー保証しかありません。


次のお話。
そもそも、MVNOの会社はいっぱいあれど、たまにdocomo系とかau系とか聞いたことありませんか?
それって結局何系よ?みたいな疑問持ったことある人いませんかねー。
MVNOとキャリアの違い。
それはMVNOはキャリアの回線を借りて提供している業者なわけです。
大東建◯の2階建てのアパートの例で考えますと、オーナーがキャリアです。そして不動産屋がMVNOです。
もともとアパートを資産として持っているオーナー側にメンテナンス等のコストがかかるわけです。
まあ、それと一緒でほとんどのMVNO業者はキャリアから回線を借りているからこそ、ネットワーク網の拡大や設備投資等にコストをかけず安くサービスの提供ができているというわけなんですね。
docomo回線を借りている会社がdocomo系MVNO、auの回線を借りている会社がau系のMVNOってことです。
今度、SB系のMVNOも誕生するようですね。
イメージとしてはdocomoという片側10車線の高速道路があります。
左側1車線がMVNOのA社に割り当てられた車線とします。
docomoユーザーは9車線を使えますので、ネットワーク網的にも余裕があります。
利用が集中する時間でも、それほど渋滞がひどくなることはありません。
また、加入者が増えてくればdocomoは自社のネットワークを15車線に増やすこともできます。
が、MVNOのA社は左側1車線だけで勝負してますので、当然利用者が増えればどんどん渋滞してきてしまう・・・
とまあ、そんなイメージです。
なので、よく2ちゃんねるとかで、「MVNOは加入者が増えると通信速度遅くなるから増えて欲しくない」というような書き込み見かけるわけなんですね^^
そしてその1車線を使った料金(=通話料金)は、docomo→A社→お客さんという流れで請求がいきます。
このシステム起因で、発生することが複数あります。


③電話番号の指定とか、下4桁希望とか言うだけ無駄です。できません。
はい、電話番号もdocomoから付与されたものをお客様に提供しているだけですので、希望聞くとかできませんですね。
ただしMVNOは別。

④朝晩、昼休みの時間帯など、場所によっては通信速度が遅くなる
これも上の国道の例で言うと、大渋滞が発生しているイメージですね。どうにもできないわけですよね。
データ通信をより多くする人にとっては、安くても動画が止まってばかりで進まないとか、読み込みが遅い、ゲームがちゃんとできないとか出てくるとストレスMAXになっちゃいますので、よくよくお考えを^^
いろんなサイトを見ると、同時刻、同地点での速度計測をされている方の記事など見ることができます。
が、それもあくまでその時の話。
一概に、MVNOのどこの会社が通信速度が速い!と言えない状況だということを念頭に置いて考えるべきです。

契約後のサポートは薄い。むしろショップない会社もたーくさんあります。
だってね、格安ですから、キャリアさんみたいにショップどんどん作ってたらそりゃ格安で運営できなくなりますよね。
私、D◯Mさんでデータ通信SIM契約してます。ショップ1つもありません。
が、別に困ったことありません。
ほんと、ある程度HPの情報でわかり、どうしてもわからないことはチャットや電話で聞くスタンスでいい人にはあまり気にならないでしょうけどね。

MNPの場合、ショップのない会社を選ぶと郵送でSIMが来る。電話が使えない日がある。
これけっこう大きな問題の人多い気がします。
私にとっては別に大した問題でもないんですけどね^^;
例えばお仕事で電話どうしても必要な人、かかってくることが多い人は特に困っちゃいますね。
MNPで格安SIMに乗り換える場合、ネット上で申し込んで、本人確認書類の郵送やアップロード(会社によりますね)をすませ、審査が始まる、審査OKならSIMの焼き換え→発送。
1電番に対し2枚のSIMは存在しませんので、SIM書き換えの時点で旧キャリア使用不可となります。
そして発送になるため、発送の間は電話番号はなくなりませんが、かかってくる電話はどこにもかからず「電波の届かないところにいらっしゃるか(ry」のアナウンスが流れます。
でも最近、そんなお客様のお悩みを解消するサービスを打ち出す会社がどんどん増えてきました。
U社とか、他数社あり。

⑦3G回線使えないSIMもあります。
3G通信専用のSIMフリー端末は門前払いとなります。
私個人としては、LTEつながらなくても3G通信に切り替わってもらわないと嫌なので、提供するSIMがLTE通信にしか対応していない会社は選びません。

⑧利用可能端末がはっきりしない
自分で対応バンドとか、周波数とかいろいろ調べられない人の生命線は、各社HPの動作確認済み端末のページかと思います。
私個人の感想だと、このページに各社のやる気が凝縮されてる気がするんです^^
見てくださいよ、愛しのワイモバwww
基本的にSIM単体契約推ししてないのが痛いほどわかるページですw
逆にここはかなり頑張っていらっしゃる雰囲気を感じます。
要するに、自分で色々調べる事ができない人は、こういうページに載っている端末以外でお好みの端末があっても使えるのか使えないのかはっきりしないもどかしさを感じることがあるかもしれません。
今回私、XperiaE5823を購入してから、ワイモバ契約とは決めていたけどMVNO各社に問い合わせしてみました。
が、「使えます」と断言してくれたのは1社のみ。あとは「動作確認済みに掲載していない端末は使えたとしても自己責任で」のスタンスです。
au系の某業者で「使えるかとは思いますが」言われたときの恐怖感ときたら・・・((((;゚Д゚))))

⑨スマホ初めて使う人に優しくはない
例えばご家族に、色々教えてくれる人がいたりする場合は別です。
最近うちの母見てるとつくづく感じます。
たしかにこの戦後時代の人たちが、今の豊かな日本を作り上げてくれたとは思うんです、思うんですが・・・・
なんていいますか、もうアナログ世代でいらっしゃる方々にスマホというブツを与えても、自分では何もできません。
「グーグルプレイストアから、◯◯ってアプリダウンロードしてみて」
と一言言えば
「アカウントがなんちゃらかんちゃらって言ってるー」
と主語も述語もない叫びが返ってきます。
「キャリアメールじゃなくてGメールでこれからはやり取りするんだよ」
といえば
「それってえーぜっとうぇっぷ(ezweb)にメールできるの?」
といった始末。
練習がてら、会社帰りに母にLINEを打ってみるも、一向に既読がつかない。
帰宅して母のスマホを見ると、モバイルネットワークオフ、Wifiオフ(`;ω;´)
こういう人が格安SIMのスマホを初スマホで契約しても、最初からつまづくのは目に見えています。
⑤とも関連しますが、初スマホはAPN設定から何から全部やってもらえるキャリア契約を個人的におすすめします。

⑩キャリアメールの偉大さを思い知れ!
これあれですね、キャリアの回し者みたいなセリフですねw
もうきょうびキャリアメールがなきゃ生きていけないみたいな奇特な人は絶滅寸前になってきているかと思います。
が、またまたうちの母を例にとれば、ずっとガラケーで生きてきた人にとっては生命線なわけです。
Gメールなどで代用ができる時代ではありますが、一部お堅いサイト等ではキャリアメールの登録がないとものが買えないとか、会員登録できないとか制限もあるみたいなんですね。
格安SIMの場合、そういったキャリアメール的なものがとれない会社が多いです。
とある会社が最近、キャリアメール的なメールアドレスの付与サービスを開始したとのこと。
使っている友人まっつーさんに確認したところ、「認知度薄すぎでキャリア宛にメールしてもフィルターかかって届かないwwww」
とのこと。
この辺はMVNO各社の努力が求められるところですね。


⑪縛り期間もありますよー
2年縛り、契約更新月以外の解約は違約金。これキャリアだけじゃありません。
MVNOの場合、データSIMには縛りはないようですが通話SIMには12ヶ月の縛りを設けているところが多い気がします。
キャリアと違い、縛りが解けて以降はいつ解約でも違約金は発生しないみたいですね。
安さに飛びついて後悔しても1年使わないと違約金に泣くことになりますのでよくよく熟考をおすすめします。

⑫LINEの年齢認証不可
よってID検索機能が使えません。
MVNOの格安SIMを選ぶ場合これ宿命。機種持ち込みでその機種で既に年齢認証済ませていて、そのままのアカウントで使うならとりあえずいけます。
ただし、LINEの認証は端末ごとで必要なので将来的に機種変更した時点で、同じアカウント引き継ぎでもID検索が使えなくなりますので要注意!

⑬キャリア決済が使えなくなります
色々と便利なキャリア決済。キャリアじゃなくなりますんで、使えなくなります。
例えば!モンストのオーブを買う時w
グーグルにひも付けたクレジットカード経由で購入は可能ですが、キャリアからの請求と一緒にってのができなくなります。

⑭クレジットカードがないと契約できない会社がほとんど
中には、デビットカードでも契約できる会社もあるようですが、基本的には各社クレジットカードのみっていうスタンスのようです。
過去デビットカードでも契約できたところでも、現在デビットカード☓になった会社が増えたみたいですね。
R社の場合、限定ではありますが公式回答としてデビットカードOKとのこと。
ただし、端末分割の場合Rカードのみしか使えないようです。
ちなみに私が契約中のD社ですが、当時はデビットカードで分割できました。
ただし私途中でクレジットカードに変更しちゃいましたけど・・・
キャリアのような銀行引き落としで契約できるところは、ほとんどない(わずかにはあるんですが)と思って間違いないです。
当然そうなると、家族名義のクレジットは☓です。
契約者名義=クレジット名義でないと契約できません。
ちなみにそれと関連してなのかわかりませんが、未成年者名義での契約も不可なんじゃないでしょうかね。
お子様の使う携帯でも、親御さん名義での契約必須になる模様・・・
じゃあそうなると、MNPでキャリアの名義が子供ってケースの場合どうなるの?
→キャリアで契約者変更手続き→MNP予約番号発行→転入
これしかないんじゃないかなーと思います。
他になにか方法のわかる人ご意見下さい♪

⑮不確定情報:MVNOの会社の中には、滞納による利用停止がなく即強制解約になる業者もあるとのこと
まあ、料金は払うのが当たり前なんですが、なんかそんな話をつい先日聞きました。
これは今のところソースがありませんので、あくまで噂話としてご理解下さい。
利用停止がなく強制解約・・・ある日突然電話が使えなくなった、解約にされてた・・・って支払い遅れてる人にとってはガクブルな話ですねw


最後に…
格安SIMを検討しているおばちゃんたち、安いからにはわけがあります。
安さにはある程度のリスクは伴います。
なので、私個人の考え方としては、キャリアで2年間スマホに慣れる→MVNOに移行するってのが1番スムーズだと思っています。
でも逆にね、そういったところも折り込み済みで、通話ほとんどせず安くスマホを維持するならキャリア飛び出してみることをおすすめします。
意外と自分でカスタマイズする楽しさに目覚めちゃったりするかも^^
ただし自分で調べるという姿勢が本当に大事になってきますので、何かわからないことがあったらまずぐぐりましょー!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント